チラシデザインの基礎知識

 
100%ご満足〈プロ御用達〉日本グラフィックデザイナー協会会員
株式会社小野デザイン TEL. 03-3774-8098
 

株式会社小野デザイン

日本グラフィックデザイナー協会会員 小野健治

  株式会社小野デザイン TEL. 03-3774-8098    > お問い合わせフォーム 
 
HOME | チラシデザインの基礎知識

チラシの呼び方はいろいろ
リーフレット・フライヤー・A4ペラ

 A4サイズの1枚ものは、一般的にチラシ、リーフレット、フライヤー、A4ペラと呼ばれています。 (このページでは、スーパーや家電量販店のような商品が多く掲載されている新聞折り込みチラシは除外いたします。)

はじめにチラシの目的を決めましょう。

 チラシを見て、すぐに購入、申し込みさせたいのか、問い合わせが欲しいのか、ホームページに誘導して、詳しい情報をみてもらいたいのか、潜在顧客リストを作りたいのか、など。目的を決める必要があります。理由は、目的によって掲載する情報が変わってくるからです。

チラシのターゲットを決めましょう。

 チラシの目的を決めるのと同時にターゲットを決めましょう。ターゲットによって、メインビジュアルやキャッチコピーの表現、全体のデザイン、文字の大きさなどが変わってくるからです。

ブランドイメージを踏襲したデザインに

 チラシを作るとき、商品やサービスのシンボルマークやロゴタイプ、VIなど、ブランドイメージの一貫性を持たせることが大切です。人は見れば見るほど好きになり、6回みると忘れない。と言われています。商品やサービスの良さは、マークや色と共に記憶され、マークを見たときに、良さを思い出すからです。ホームページの色と合わせた方が、ブランド認知の相乗効果が生まれます。

チラシは見た瞬間が勝負

 チラシは、見た瞬間に、良さを伝えたり、なんだろうと興味をそそることが大切です。そのためには、アイキャッチとなるビジュアルとキャッチコピーに工夫が必要です。インパクトのあるビジュアルと視覚的に読める短い文字数のキャッチコピーで。いいな。なんだろう。と思ってもらえれば、チラシをじっくり見てもらえます。もし、心に変化を起こさせることができなければ、そのチラシは、見てもらえません。

見た瞬間に興味をそそる手法

 見た瞬間に、興味をそそる手法を紹介します。これらのアイデアや見せ方は、デザイナーの力量で大きく変わってきます。
・問題提起型(〇〇で困っていませんか?〇〇が解決します!)
・ビフォアーアフター型(導入前と導入後を写真やイラストで示します)
・数字表記型(実際の改善結果を数字で大きく示す)
・ドラマチックビジュアル型(インパクトある写真で訴求)
・アニメビジュアル型(アニメキャラがメッセンジャーとして説明)
・漫画型(漫画で訴求)
・イラスト型(イラストで良さを示し訴求)
・メリット3つ型(導入後のメリットを3つに絞って紹介)
・不安あおり型(もし〇〇になったら・・・)
・トレンド型(働き方改革など、話題になっていることに絡めて訴求)
昔から赤ちゃん、女性、ペット(猫や犬)は、興味を持たれるものとされていました。

概要は短く、
特長・機能は3〜4項目にまとめて短く

 概要を説明する文章は、できるだけ短く端的に。特長や機能は3〜4項目にまとめて、ビジュアル(アイコン、写真、イラスト)と共に短く、見やすく読みやすくするのがコツです。みなさん忙しいので、文章が長いと読みません。ビジュアルは、文章を補完するイメージしやすいものが良いです。(脳のイメージの構築を助けます。)

大きな文字だけ読めばわかるように

 忙しい人のために、キャッチコピー、概要説明、特長・機能のタイトルだけ読めば、内容がわかる状態にしておくことがキモです。興味を持ってもらえれば、細かい文字を読んでもらえ、詳しいホームページも見てもらえます。

アクション表示を明確に

 お店に来て欲しいのなら地図の表記や地図へ誘導するQRコード、ホームページを見て欲しいのならURLやホームページへ誘導するQRコードなど、次のアクションにつながる表記をしっかりと付けましょう。最近、飲食店の新聞折込チラシで、店の住所も掲載されていないものを多く見かけます。

チラシデザインの心理術


この2冊おすすめです。
行動心理学、マーケティング、脳科学など、最近、様々な本で紹介されている内容をまとめて紹介しています。さらに、具体的に広告やホームページに利用する方法が書かれています。ぜひ、お読みください。
 
   
 
画像をクリックするとamazonへ飛びます。
 

 

A4サイズ、小さいけど
宇宙のような可能性

普段、A4サイズのチラシのデザインを多く手がけております。オーケストラのコンサートのチラシであったり、公募展の応募募集チラシであったり、介護施設のスタッフの募集のチラシであったり、展示会で配布する会社案内のダイジェスト版であったり、メーカーの商品を紹介するカタログのようなものであったり。A4サイズの小さな紙面ですが、目的を達成するために、内容、アイデア、コピー、レイアウト、デザインの工夫を凝らし、多様な表現を展開しています。まさに、それは宇宙のような可能性の広がりがあります。

安くて手軽な販売促進・集客ツール

紙面がA4サイズで、1枚だけなので、ページものの冊子と比べると、デザイン料や印刷代を抑えることができます。最近は特にネットプリントがあり、印刷代はだいぶ安くなっています。販売促進や集客など、売り上げアップのツールとして、安価に効果を発揮します。

様々な用途

 A4サイズなのに、用途は様々あります。会社案内、事業紹介、商品・サービス紹介、イベント・催事・展覧会の告知、公募展の募集などがあります。大きく3つに分類されます。会社案内的要素(会社案内、事業紹介)、カタログ的要素(商品・サービス紹介)、広告的要素(イベント・催事・展覧会の告知、公募展の募集)の3つです。イベント・催事・展覧会の告知、公募展の募集は、拡大して、ポスターとして使用する場合もあります。 

商品・サービス紹介

 

事業案内

 

会社案内

 

展覧会告知

コンサート告知

 

イベント告知

 

映画告知

 

演劇告知

求人募集

 

公募

 

参加募集

 

キャンペーン紹介

大きく3つの用途の詳細説明

会社案内や事業紹介、商品・サービスを紹介するカタログ、広告と、3つの用途ごとの説明をご覧ください。(アイコンをクリックすると詳細ページに飛びます)
会社案内デザイン
会社案内として
カタログデザイン制作
カタログとして
広告デザイン
広告として

配布方法

 
配布方法は、手渡し、ラック置き、郵送、ポスティング、新聞折り込み、荷物に同梱などがあります。手渡しでは、対面で説明しながら渡す場合と、不作為に路上やイベント催事場で渡す場合があります。 

手渡し

 

会場一斉

 

新聞折込

ポスティング

 

DM

ラック

 

同梱

 

テスト運用のススメ

 
チラシ、リーフレット、フライヤーが必要と思われるようでしたら、実際にデザイナーに依頼、印刷、テスト運用をお勧めします。やってみることで効果や改善点が見えてきます。ネットプリントを利用することで、印刷代は、従来の1/10ぐらいの金額に抑えられます。また、少ロットの50部などもできます。今の時代、だいぶお財布に優しくなっています。行動しないのはもったいないです。

デザイナーに2〜3案を依頼
じっくりと検討を

 
ともかく安く。自分の考えたものだけを1案、作ってもらう。のも良いですが、経験豊かなプロのデザイナーに、デザイナーが効果的と考えるものを2〜3案を作ってもらうことをお勧めします。複数案あると、関係者同士で、どのような訴求が効果的か、より深堀りした検討をすることができます。また、ゆとりがあれば、2案を実際に作ってみてABテストをすることもできます。(ネットの世界では、常にABテストを繰り返しています。)

デザイナーとの打ち合わせ内容

 

制作物について

作りたいもの

訴求したいこと

目的

(マーケティング)目標・役割

コンセプト(消費者に何を提案するか)

形態、サイズ

出稿、利用開始時期

使用方法

見た人をどう思わせたいか?

他の媒体は

商品・サービスについて

名称

特徴

独自性・差別点

訴求ポイント

利用者のべネフィット

価格

販売エリア

ターゲットについて

利用者

購入決定者

誰に

ターゲット特徴

ブランドへの思い

カテゴリーへの気持ち

競合への気持ち

紙面構成と内容について

イントロ

概要

概要図

特徴

機能

フロー図

使用方法

掲載すべきもの

マーケットについて

規模

認知度

販売方法

ご要望について

内容

構成

コピー

ビジュアル

企画・アイデア

今までの制作物について

内容

構成

デザインテイスト

コピー

ビジュアル

企画・アイデア

評価

競合について

商品

特徴・差別点

販促物

デザイン・ブランドについて

テイスト

イメージ

トーン&マナー

サンプル(良いと思うもの、作りたいもの)

ロゴデータ

データの有無

マニュアルの有無

注意点・制約

CIマニュアル、VIマニュアルの有無

社内規定

業界自主規制

法律

決定方法

会議

社長決済

投票

原稿の形態

オフィスのデータ(ワード、パワーポイント、エクセル)

手書き

PDF

確認すべきもの・場所

展示会

イベント

スケジュール

希望納期

大まかな流れ

チェックの日数

ご予算

希望の有無

ご担当者様にお渡ししているヒアリングシートです。
考えを深める資料としてご利用いただいております。 
 
ヒアリングシート
 
PDF版は下記をクリックしてください。
 

デザイン会社・デザイナー選びのポイント

考えられるものをあげました。
デザインを依頼するときに、
気になる項目だけでも確認してしましょう。

目的を達成する自信がある?

課題を解決。
 

良質なクオリティ?

工夫した企画デザイン。
 

100%ご満足に?

納得できるまで、修正OK。
 

好感を持たれるデザイン?

いいなと思えるデザイン。
 

複数案のご提案?

いくつかの案を出してくれる。
 

ご予算内で最善提案?

予算内でやってくれる。
 

ユニバーサルデザインの視点?

見やすく、分かりやすい、伝わりやすい。
 

ブランド構築・体験の視点?

ブランディングを考えてくれる。
 

専門的な業種に対応?

専門分野に対応できる。
 

様々な媒体ツール制作に対応?

ホームページなど他のものもできる。
 

トレンドの取り込みしてる?

トレンドがわかってる。
 

担当者様の負担を軽減?

対応が懇切丁寧。
 

チラシデザインラボ
チラシ制作の専門サイトです。
目的を達成する効果的なデザインをいたします。
ぜひ、ご覧ください。

チラシデザインラボ

ここから小野デザインについてです。

 

あなたが必要としている
チラシ・リーフレット・フライヤーの
 誠心誠意取り組み、より効果的なものをお作りいたします!
よろしくお願い致します。

見やすくわかりやすく
伝わりやすいデザインをします。

 

グラフィックデザインには、情報を見やすく、わかりやすく、伝たわりやすくする必要があります。レイアウト、デザイン、文字の大きさ、色など、 ユニバーサルデザインの基本を踏まえ、デザインいたします。 代表の小野は ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会賛助会員です。協会の活動を応援しています。
 

トレンドに対応したデザインをいたします。

 

企画・デザインをする時に、社会の状況を考慮していきます。
小野デザインで導き出した答えは、下記のようになります。
 
小野デザインコンセプト
 

小野デザインは、目的を達成するために
3つの面でこだわっています!


1.コンテンツ

マズローの5大欲求から選定
3C分析から差別点・成功要因を抽出
機能・特徴・ベネフィットを訴求
ターゲットの嗜好を考慮
 


2.デザイン

見やすくわかりやすく伝わりやすく
好感を持たれ、品質の良いイメージ
印象的で記憶に残り、話題になる
ブランドイメージの最適化
 


3.理論

情報が氾濫、3秒ルールを厳守
心理マーケティング、脳科学の適用
時代背景やトレンドの反映
利用シーン、他のメディアを考慮
 

お約束

  

戦略に合致した
目的を達成するデザインを
いたします。
企画やデザインを工夫し、
より効果的なものに仕上げます。

 
真摯に誠心誠意、取り組ませていただきます。
どんな案件も全力で取り組みます。
多くの方にリピートでご依頼いただいております。 
 

 
お話をじっくりとお聞きします。
あなたの思いをお話しください。
多くの経験、ノウハウで
道筋を立て成功へナビゲート・ご提案いたします。
打ち合わせの中から解決の糸口や
新しいアイデアが生まれることもあります。
 

 
初めて制作をお考えの方も大歓迎です。
 何から始めたらいいのか、準備や進め方を知りたい。 
おおよその費用とスケジュールが知りたい。 
どんなことにも専門用語を使わずにわかりやすくご説明します。
 

 
どんなご相談にも丁寧に対応いたします。
効果が出ない理由がわからない? 
もっと良くする方法は?
納期までに時間がない?
どこに頼むのがいいのかわからない?
専門性の高い業種、対応できる?
問題・課題を解決したい。
どんなものことにも対応いたします。
 

ご予算の厳しいお客様もご安心ください。
工夫することとお客様にも
ご協力いただくことで
ご予算内で、
より効果的な方法を考え、ご提案いたします。 

どこに発注するか迷われてる方 
お気軽に何度でも、納得の行くまでご相談ください。
(無料です)
 
 

 
チラシ・リーフレット・フライヤーについて
ご相談を承ります。

 

売り上げにつながるものを作りたい!
現状のもので効果が出ていない、改善したい!
いつもと違うデザイナーの意見を聞きたい!
お気軽にどうぞ。
丁寧にお応えいたします。
  
 

気に入っている制作物です。

JAPAN DESIGNERS
会社案内デザインの基礎知識
品川起業デザインサポート支援


デザインのセカンドオピニオン!

第2の意見

 
 
お客様の大切なチラシのデザインについて、
1社だけの考えや意見で納得できますか?
別の会社の考えや意見を聞いてみませんか?
〈デザインのセカンドオピニオンは、水面下で広がりつつあります。〉
 
下誘導
 

1つでも当てはまる方、ご連絡ください。

 

  •  提案されたデザインについて、意見を聞きたい。
  •  現状のデザインの改善点を聞きたい。
  •  売り上げをもっと上げるための改善点を聞きたい。

 

 
お問い合わせ先 
TEL. 03-3774-8098 info@onodesign.co.jp

ブログでデザインに関することを
発信しております。

 
ブログ
 
 


このページを
ご覧いただきありがとうございました!
ここで1つご提案です。

ホームページを内製化し、
コスト削減・SEO対策・
売上の改善をしませんか?


内製化すれば、WEB会社に支払っている管理費や
改訂のたびに支払っているお金を節約できます。
コスト削減になります。

内製化すれば、改訂や情報・ページの追加が頻繁にできます。
SEO的にも優位になります。

内製化すれば、素早く改訂ができます。
ビジネスチャンスを逃しません。


WEB会社で作ってもらった
WordPress製やDreamweaver製のホームページは
あらかじめお膳だてされた
お知らせやブログ記事の追加しかできません。

※ご自身で、ページを増やしたり、デザイン を変更したり
機能を増やしたり、改訂するには、
phpやhtml、CSSの専門的な知識が必要なため、

かなり難しいです。


小野デザイン では、BiNDというソフトで
ホームページを作成し
完成後にデータをお渡しし、レッスンを行います。

お客様ご自身で、
改訂や情報・ページの追加をしていただき、
ホームページの運用のお手伝いをしています。


 

 

ホームページの目的は、
集客や販売促進、売上アップなど
成果をあげることです。

 
せっかくお金を出して作るホームページ
売上につながるものを作りたい。
と思いませんか?

 ホームページは、出来上がったら終わりではなく
出来上がりが、始まりです。

 毎日少しでも情報を追加していき
コンテンツを充実させていく必要があります。

それが、上位表示の第一歩です。

googleの基本的な考えは、
有益な情報を提供しているホームページは、多くの方に見てもらいたい。
そのため、検索結果に上位に表示させる。

有益な情報を提供しているホームページとは
◎多くの人が見にきている。
◎滞在時間が長い。
◎頻繁に更新されている。
◎評価の高いホームページにリンクがはられている。
などがあります。
 

そのためには

検索された結果、上位に表示されることが重要です。
1〜2ページめに表示されれば、
閲覧していただけて、お問い合わせの件数が多くなり、
集客、販売促進、売上アップに繋がります。

4ページ以降では、ほとんど見てもらえません。


小野デザインは、検索結果で1番に
表示されるノウハウを持っています。
例えば

マーク デザイン
というワードで検索してください。
1番に出てくる ロゴマークデザインの基礎知識

https://www.markdesign.jp.net/index.html
は、

小野デザインで運営しているホームページです。

 

ビジネス ポスター
というワードで検索してください。
1番に出てくる ビジネス啓蒙ポスター無料ダウンロード

https://www.onodesign.co.jp/poster.html
は、

小野デザインで運営しているホームページです。


小野デザインには、SEOに対策のノウハウがあります。

トライ&エラーを繰り返したどり着きました。

 
 小野デザインでは、BiNDでホームページを作成します。
ホームページ完成後、お客様にBiNDのデータをお渡しします。
ホームページの更新やブログをお客様に行なっていただき
成果を出すホームページを運営していただきたいと考えています。

デザイン会社にWordPressやAdobe Dremweaver
ホームページを作ってもらった場合、
予め準備してもらった
お知らせやブログしかいじることができません。

ページの内容の変更や追加は、その度にお金を請求されてしまいます。
もしくは、毎月管理費としてお金を払い続けることになります。

もたいなくないですか?
経費削減したくありませんか?


  小野デザインでは


お客様にBiNDの完成データをお渡しします。
 
お客様ご自身で、情報の追加やブログなど
更新作業を自由にしていただきます。

上位表示されるホームページに、
売上をあげるホームページに育てましょう!


BiNDの使い方をお教えします。

WordPressでホームページを作った場合ですと、
ブログやニュースなど
あらかじめ準備しておいた箇所しか
いじることができません。

BiNDでしたらワープロ感覚で、全てをいじることができます。
ご自身での拡張性は無限です。


検索結果の上位表示される方法をお教えいたします。

(SEOの会社に頼んで知ったこと、
いくつかのセミナーに参加して学んだこと
20冊以上読んだWEBマーケティングの本から学んだこと、
実際にトライ&エラーを繰り返し実体験で学んだこと、
などの集大成した内容です)

ホームページを作って、それだけで上位に表示されることはありません。
多くの方が、期待してお金をかけてホームページ作って
効果がなくがっかりしています。
作れば、売上が上がると誤解しているからです。

その後の経過に対するコンサルティングもやっています。

お客様ご自身で、更新作業を始められて
疑問点など、出てきましたらご相談ください。
アドバイスいたします。
※御見積もりいたします。

 

ホームページは、出来上がりがはじまりです。
BiNDで売上をあげるホームページに
育てましょう!

お問い合わせ
電話
 
お問い合わせ